需要の高い塾を開業したいなら専門業者に相談しよう

女性

SNSで情報を拡散

女性

インターネットを使う

小売店や飲食店ではもちろん、最近では大手企業なども顧客の興味を引く為に積極的にSNSを活用しています。また、インターネットを通じて顧客にアンケートを取ったり会員向けに情報を発信したりと企業側から顧客にアプローチをする機会が大幅に増えています。これらの戦略のことをインバウンドと呼びます。インバウンドマーケティングとは、動画などのコンテンツをインターネット上で公開することで自分の店や企業の商品に興味を持ってもらう戦略のことを指します。今までは、メールや電話などで顧客に自社の製品を売りつけるアウトバウンドという戦略が一般的でした。しかし、インターネットの進歩やスマートフォン、タブレットなどの発展により顧客側は自ら情報を得ようと言う動きが急速に広がって行きました。これに対応すべく、顧客の興味あるものやことを中心に情報を拡散して顧客自らが情報を見つけてもらうという戦略がインバウンドです。インバウンドの仕組みは、私たちがパソコンやスマートフォンなどで普段利用するSNSやブラウザで成り立っています。たとえば、自分の趣味や欲しいものをSNSもしくはブラウザで検索すれば、該当商品が検索結果の上位表示されます。これを私たちが見て、その商品の情報を得る事で自発的に情報を得たということになります。また、自分のアカウントでログインして検索すれば、アカウント情報にどんなものに興味があるのかを自動で予測し、それにあわせた広告などを表示してくれます。こうした仕組みで、インバウンド戦略は成り立っています。